清瀬市・新座市・東久留米市で自動車保険・生命保険・火災保険・地震保険のご相談は、信頼の鈴木保険事務所にお任せください!

保険の豆知識・お知らせ

12月の安全運転のポイント

冬季は降雪地域や寒冷地でなくても、路面が凍結していることがあります。凍結路面は発見しにくいためスリップして初めて気づくということもよくあります。また、積雪をする地域では吹雪などの降雪時以外でも視界が悪化することがあります。

11月の安全運転のポイント

安全で円滑な走行を確保するためには、交通ルールを遵守するだけでなく、相手の状況や立場を考え、周囲の交通にも配慮したマナーの良い運転を心がけることが大切です。そこで今回は、マナーの良い運転の基本や安全・円滑な走行環境を確保するための留意点についてまとめてみました。

10月の安全運転のポイント

違法駐車は円滑な道路交通を阻害するだけでなく、飛び出しなどの交通事故の要因にもなります。違法駐車をしないためには、駐停車に関するルールを正しく理解しておく必要があります。そこで今回は、駐停車の禁止場所や駐停車の方法などをまとめてみました。

9月の安全運転のポイント

普段の信号機に従って通行している交差点ですが、災害や催事などの交通事情により、警察官や交通巡視員が手信号や灯火による交通整理を行うことがあります。また、方向指示器などの灯火類が故障した場合、ドライバーは自分の腕を使って右左折などの合図をする必要があります。そこで今回は、手信号等の意味や腕による合図の方法についてまとめてました。

8月の安全運転のポイント

長距離ドライブは、普段より運転する時間が長くなります。今回は、安全な長距離ドライブのための基本や高速道路の注意点についてまとめてみました。

7月の安全運転のポイント

行楽などで高速道路を利用して長距離ドライブに出かけるときには、気象状況や道路状況の情報収集、車両点検や携行品のチェックなど、事前の準備が安全運転のためにとても重要です。

6月の安全運転のポイント

雨天時の走行にはさまざまな危険が伴います。特に豪雨時は視界が極端に悪化するうえに、道路冠水などの特有の危険が生じます。

5月の安全運転のポイント

事故を防止するためには、交通場面に潜む危険を的確に予測することが大切です。そこで今月は、運転席から見た交通場面のイラストを基に、危険予測運転について考えてみましょう。

4月の安全運転のポイント

警視庁の発表によると、平成28年の交通事故による死者数は3,904人で、昭和24年以来67年ぶりの3,000人台となりましたそこで平成28年の交通死亡事故の主な特徴をまとめてみました。

お知らせ ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルしました。
新しいすずきほけんホームページもよろしくお願いします。

3月の安全運転のポイント

安全な運転をするためには、体調が及ぼす影響にも注意が必要です。疲れていたり、風邪などで体調が悪いときの車の運転は、注意力や集中力が低下したり、動作が荒くなったりして、事故につながる危険性が高まります。そこで今回は、疲労を中心に体調と運転について考えてみることにしましょう。